消費者金融とクレジットカードの違い

消費者金融とクレジットカードの違いについて

アイフル

お金を借りる必要が出た時に、消費者金融とクレジットカードどっちがいいのか悩むと思います。

 

お金を借りるという点は一緒ですからどう違うのか分かりづらいですけど、結論からいうと大きな違いはないです。

 

全くないわけではないのですが手続き上の違いがあるだけで、それ以外はあまり変わらないです。お金を借りる場合消費者金融は手続きをすればすぐ貸してくれます。それに比べてクレジットカードは、カード発行をしてもらわないといけないので手間がかかります。

 

多少違いがあるのは消費者金融は目的を考えずに金を貸してくれる所で、その点クレジットカードは買物をする時の立て替えなので何に使うお金なのかが限定されています。ただどちらもキャッシングとしては同じで消費者金融のほうが自由度は高いですけど、消費者金融でお金を借りて何かを買うわけですから殆ど違いはないです。昔は消費者金融とクレジットカードで金利の違いがありましたが、この頃は金利の違いもなくなってきたのであまり変わらないです。それにクレジットカードといいますと今までは銀行が発行することが多かったですが、この頃は消費者金融が発行するものも多く違いはあまりなくなってきています。

 

消費者金融とクレジットカードの違いをあえていえば、お金がない人向けが消費者金融で余裕がある人がクレジットカードになっていると思います。消費者金融の場合はすぐにお金を借りれますし、お金を借りたことが分かりづらくなっています。

 

それに対して銀行などが発行するクレジットカードの場合は、借りるまでは時間がかかりますけどポイント制などがあって色々お得です。最近は金融の自由化で金融商品が混ざり始めているので、この2つの金融商品の違いはなくなりつつありますが。2つの違いをしいていえば、金銭的余裕がある人とない人が使う違いはあると思います。